ひざサポートコラーゲンは、使いやすい、続けやすいなどメリットがたくさんあります。

ひざサポートコラーゲンのデメリットとは?

by admin

ひざサポートコラーゲンのデメリットについて見てみましょう。

・ひざサポートコラーゲンのデメリット

ひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品です。

臨床試験により効果が実証されているので、安心して取り入れる事ができます。

しかし薬とは違うので、ひざサポートコラーゲンを飲めば膝痛が消えるとか、膝関節のトラブルがなくなるというわけではありません。

薬のような効果を期待してしまう人には不向きです。

あくまでも膝関節の曲げ伸ばしをサポートする物ですから、治療や痛み止めではありません。

・薬ではない

機能性表示食品となっていると、なんだか良く効くようなイメージを持ってしまいがちです。

しかし薬とは違いますから、期待しすぎないようにしてください。

あくまでも食品として毎日続ける事で、少しずつ膝の曲げ伸ばしをサポートするという事です。

臨床試験では、16週間ひざサポートコラーゲンを摂取し続けた結果を元にしています。

多くの人が膝関節の曲げ伸ばしが改善されたと実感していますので、最低でも16週間は続けてみましょう。

・まとめ

一般的にサプリメントの効果を実感できるようになるのは、3ヶ月くらいかかると言われています。

実感や期間については個人差がありますが、あまり実感がなくても、一旦飲むのを辞めた事で、何かしら効果があったと実感できる場合もあるので、一旦辞めてみるのもいいかもしれません。

いずれにしろ3ヶ月から4ヶ月は続けないと効果がわからないのは、デメリットに感じる人もいます。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 流行りのひざサポートコラーゲンについて | Powered by WordPress